スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
     

第一話:子供達の蛮勇

注意:

この日記は独自の妄想で書かれているので実際のプレイとは何の接点もありません。

別方向の解釈として受け取ってもらえれば幸いです。




814.jpg


アルベルタのとある一角に私達は集まった。

今回の計画の参加メンバーだ。

みんな始めての冒険ということで些か興奮気味の様子。

かく言う私も、自然と弓に力が入ってしまう。


とりあえず当面の目標は私達の装備の補強だ。

冒険者になりたての私達は武器や防具が脆弱すぎる。

これでは母さんの手伝いもままならない。 孤児院の経営も助けることは出来ない。
*これは独自の内容であり、実際のプレイでは何の関係もありません。


そこで私達は、まずは資金を集めることにした。

人伝に聞いた話だと、首都プロンテラから西にある海岸線には大きな蛙がいるらしい。

その蛙は空き瓶を集めている習性があり、それをいい値で買い取る人もいるとか。

私達は、早速準備を整えてプロンテラに向かった。

この大陸には冒険者アカデミーという、駆け出しの冒険者をサポートする機関がある。

そこは様々な依頼や、各町への転送も出来るらしく、それを活用して移動した。


首都に転送してもらい、私達は西の海岸線「蛙湿原」へと向かった。

到着して私達の目の前に出たのは、大型の蛙たちとジメジメとした湿気だった。

むせる様な緑の香りと、各所にある水溜り。

蛙たちには楽園かもしれないが、人間にとっては普段なら避けたい場所だろう。

私達は顔を顰めながらも行動を開始。

蛙に狙いを定めて隠し持っている空き瓶を集め始めた。


815.jpg


各自でバラバラに散り、途中で見慣れない物を見つけた。

綺麗な岩が飛んでおり攻撃してもなんの抵抗もしない。

この時期になると何処からか出現するクリスタルと言う奴だ。

神の御使いとも、サンタのプレゼントとも言われている。

噂では一攫千金に値するものも出るらしいのですぐさま攻撃を仕掛ける。

何回かの攻撃によって倒すことは出来たけど、特に変わったものは落さなかった。

所詮は噂に過ぎないのかな・・・。


816.jpg


何十分たったのだろうか・・・?

湿気と蛙の生臭い匂いによって気力が削がれ続けて居た時に、悲鳴が湿原に響き渡った。

急いで向かった先には、他の蛙とは比べ物にならないほどの巨大な蛙が居た。

既に何人かが頑張って応戦しており、私も急いで矢を放ち続けた。

私達は移動しながら、巨大蛙と死闘をしなんとか撃退することに成功。

みんなボロボロになりながらも何とかできたことにより安堵の息が出る。

しかし、湿原から大分離れてしまい全く違う場所にいる事に気づいた。

どうやら森のほうまで入ってしまったらしい。

嫌な気配もするし急いで戻ろうとした時に、森のほうから物音が聞こえた。

私達は驚きながらも武器を手に取り、物音がした方向に注意も向ける。

物音はどんどん大きくなりこちらに近づいてくるのが分かる。

みんなに緊張が走り、自然と汗が流れてくる。

そして物音がする方向から出てきたのは、緑色の大きな生き物だった。


817.jpg


明らかに人とは違うナニカが私達を見ると手に持った大きな刃物で襲い掛かる!

前衛を勤めるものが接近を阻止し、アコが前衛をサポートし、弓手と魔導師が遠距離から攻撃。

私達の全力の攻撃にでも、怯むことなく襲い掛かってくる緑の化け物。

明らかに私達が知っている魔物とは実力が違う。

前衛組みも何人かが化け物の猛攻によりなぎ払われていく。


殺される。


数年前の光景が、あの時感じた死の気配を思い出す。

怖い。 嫌だ。 手に持った弓が震えだす。 番えた矢を落しそうになる。

心が折れそうになったとき、ふと母さんのことを思い出す。

母さんを助けたくて冒険者になったのに、またあの頃の自分に戻るのかと。

あの時とは違う! もう二度と失うことはしたくない!

その思いが、震える手を止め、番えた矢に力を込める。

そして緑の化け物に、剣が、蹴りが、メイスが、矢が、魔法が叩き込まれる!

そしてついに、緑の化け物は大地に倒れた。

何人か重傷者が出たものの、みんな生き残ることが出来た。

私達は動けるようになってから急いで森を離れて安全な場所に避難した。


818.jpg


私達の冒険の時間はこの日終わった。

やはり私達には、装備も実力も何もかも足りてはいない。

しかし、力をあわせることで強大な敵とも戦えることが分かった。

この日、助け合うってことがどんなに大事なことが体感した。

この先の困難も、力をあわせて助け合えば不可能も無いんじゃないかと。

次回の冒険では、この事実を生かし実力を高めていこう。




この物語はフィクションです。

実際のいちいちプレイ、戦闘行為、会話は本編とは全く異なります。
スポンサーサイト

テーマ : ラグナロクオンライン
ジャンル : オンラインゲーム

コメント

Secret

プロフィール

玲瓏

Author:玲瓏
近況:\(^o^)/

借金録近況 こちら

ゲームブログランキングに登録中。
ま、だれも押さないわな(--
RO・ブログ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

総合閲覧者数

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。